問題集・参考書 数学 中学生

中学数学 ひとつひとつわかりやすく。-レベル【初歩】

問題集・参考書

みなさん、こんにちは。
今回紹介する問題集には
なんと
すべての単元に解説動画が付いています。

そのため
この本は
中学数学の学習ハードルを
より低くしました。
いろいろな場面で活用できます。

どんな本なのか

出版社 学研プラス 1冊¥1,000-程度

この本も学研だったのか。にゃろう。
知りませんでした。
知らずに使っていました。

「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズには
すべての学年で主な科目が出版されています。
英語、数学、理科、社会、国語、
実技もあったりします。音楽とか。

高校生のシリーズもあります。

その中で
今回は中学数学について
書いていきます。

結構、このシリーズは
塾の生徒にも学習させています。


中学数学では以下の種類が出版されています。

「中学数学の解き方をひとつひとつわかりやすく。」には
解説動画はありませんが、
それ以外の中1~中3数学には
全単元に解説動画がついています。
本当に素晴らしいことです。

この本の構成は

左ページに
解説と問題
右ページでは左ページの解説と問題に応じた
基本練習問題

となっており、

章の最後には
復習テストのページがあります。


本書の問題レベルは
教科書の例題、練習ぐらいの難易度です。
基本問題が載っており、
復習テストのページも
その名の通り
「基本問題の復習をしましょう」という感じのページです。


応用問題は載っていません。


全単元に解説動画があると書きましたが
動画で解説されているのは

左ページの解説と問題の部分だけです。

右ページの基本練習問題や
章末の復習テストの問題解説については
動画がありません。

解説動画については
本書左ページにそって行われます。

数分という短時間で
丁寧な授業です。

是非
授業動画を体験してみてください。

ひとつひとつわかりやすく。授業動画

使うべき人は誰か

・教科書の内容を「さらり」と理解したい人

基本的に全編通じて
あっさりしています。

初歩的な内容の確認には良いですし、

その単元の大枠を把握するために
授業動画を見ながら練習問題を解いてみると
教科書理解がスムーズになると思います。

学習において
学ぶ内容の「大枠理解」っていうのは
結構重要なポイントですので

その点では重宝します。
動画もあるので。

教科書学習前のあっさり理解を求める人には
良い教材です。

つまり、独学の導入に利用できる教材です。

学習方法

普通に授業動画を見ながら学習すれば良いと思います。

ただ、
基本練習問題や復習ページの問題の
解説があっさりしています。

丁寧ではありますが
「ん、ん?なぜこんな解答になるんだ?」
という疑問を持つこともあるかもしれません。
熟考しても
出口が見えない時は
一旦寝かせておきます。

授業動画と本書でその単元の大枠を理解できたのならば
教科書を読んでみることが非常に重要です。

それによって理解が高まり、
解答に対する納得が得られるようになります。

学習到達ライン

・教科書理解の補助

初学者や苦手な人にとって

「数学の教科書を読む」という課題は
なかなか大変です。

その事前ステップとしての
「ひとつひとつ」シリーズはとても有効だと思います。

問題レベルは基本で
練習量としても多くありません。

普通の人が
本書だけで得意になることはほぼありませんが
授業動画と本書の学習によって
より本質的、本格的な数学学習が可能になります。




タイトルとURLをコピーしました