学習方法

学びを結果に変える アウトプット大全 【出力こそがカギ】

学習方法

みなさん、こんにちは。

試験に向けた学習をする上で
重要なことは、「最終的に合格得点をとる」ということです。
そのために
入力した知識を効率よく定着させ、
出力をスムーズに行い、本番で得点をとるためのヒントがこの本に書かれています。

最も重要なこと、それがアウトプット

出力するためには入力が必要です。

よって
入力ばかりに気がとられますが
結果を出すためにより重要なことは

「出力・アウトプット」

なのです。

アウトプットに関して
意識・管理することが
より効率的に入力したものを定着させ
結果を出すために必要なのです。

アウトプット基本法則

4つの基本法則に則って
学習を進めることが成功への近道となるかもしれません。

  • 基本法則1 「2週間に3回情報を使う」

人間の脳は重要な事柄は長期記憶として保存されます。
逆に、重要ではないと判断された情報は
忘れるようにできています。

脳に学習した内容を「重要な情報」と判断させるにはどうしたらよいのか。
答えは簡単です。
その情報を頻繁に使用すれば良いのです。
使用頻度の目安は「2週間に3回 出力」というものです。

これで脳にその情報を「重要事項」と判断させ
長期記憶として保存されることになります。


復習の頻度と言い換えて良いかもしれません。
エビングハウスの忘却曲線と重ねて

「就寝前に当日の学習内容の振り返り」
「翌日見直し」
「週間復習」

これは
塾の生徒に伝えている復習タイミングです。
この復習頻度で
かなり情報が定着します。

  • 基本法則2 「螺旋階段」

アウトプットはとにかく重要です。
でも
インプットがなくては
アウトプットするものがありません。

このアウトプットとインプットをループすることによって
螺旋的に学力は向上していきます。

入出力のサイクルを習慣化することで
好循環となり
大きな得点や学力を得ることになります。

  • 基本法則3 「黄金比3:7」

それでは
インプットとアウトプットの比率はどれくらいなのでしょうか。
結論から言いますと
インプットが3に対して
アウトプットが7です。

アウトプットが7です。

最近の本には
出力の重要性が書かれているものが増えています。

大学の心理学者や教育者達が実験を行い
データを公表しています。



逆の比率で学習している人が
非常に多いと思います。

これは仕方のないことで
学校の授業は基本「入力・インプット」です。

学校には15年以上行く人が大半ですから

”学習とは「入力」である”

と思っている人がほとんどです。

でも
実際は入力の2倍以上の量で出力訓練に取り組まなければ
最も効果的に結果は出ません。

出力に意識を向けるべきなのです。

  • 基本法則4 「フィードバック」

そして
さらなる向上のために必須の過程が
この「フィードバック」です。

出力された結果を見て
改善点を探り、
解決策を考え、
実行し、
次に進むのです。

インプットとアウトプットのループに
このフィードバックの過程を組み込んで
指数関数的に
学力を向上させることができれば
遥か遠くの目標も見えてくるのではないでしょうか。



より意識すべきなのは
実は

「出力」なのです。



タイトルとURLをコピーしました