高校入試ランク順中学英単語1850 音声付き!アプリ付き!

みなさん、こんにちは。

大学入試に向けた英単語帳というものは
何種類もありますが
高校入試に向けて
中学生が使用する英単語帳は多くありません。

実際のところ
英単語帳で学習して覚えなくても
教科書の英単語を覚えて入試に挑めば
十分ですけれども。

一応、塾で使用しているものがあり、
それをもとに英単語テストを作成し
生徒たちに確認させています。

それがこの本です。

どのような特徴のある本なのか
みていきましょう。





どんな本なのか

中学英単語1850: 音声&アプリをダウンロードできる!

出版社:学研 ¥858

無料のダウンロード音声
https://gakken-ep.jp/extra/rankujun_onsei_dl/

端末での学習用アプリ
https://gakken-ep.jp/extra/rankjun/

無料です。

これらを利用して学習すると効率的に覚えることができます。

メインパート ”CHAPTER” に入る前の
”CHECK” のパート(15ページほど)です。

上のような
ちょっとした英文法の紹介がされています。
代名詞や不規則動詞、基本的な英熟語一覧や
前置詞のイメージなどが載っています。
簡単なものですが
結構役に立ちます。


それでは
本書のメインパートを確認します。

全国の
国公私立高校の入試を分析し
出る順に収録してあり

目標とする学力に合わせて
学習することができます。

見出し語に対して例文やよく使うフレーズが載っています。
また品詞や関連語などもあり
高校入試には十分な知識です。

本書の単語数はというと

CHAPTERレベル単語数
1最重要レベル229語
2基本レベル276語
3標準レベル300語
4高得点レベル458語
5超ハイレベル587語

上の写真のように
自分の目標としているところまで
どのレベルの英単語を修得すれば良いか
目安が表示されています。

塾では
どの生徒にも高得点レベルまでは完全修得するように言っており
ランダムで出題できるテストプリントに
毎日アタックしてもらっています。

使うべき人は誰か

高校入試に向けて英単語の知識を増やしたい人

英単語の知識は
もちろんあった方が良いですが
高校入試であれば
教科書収録の英単語を覚えて
英文法を固め
読解演習を行えば合格します。

大学入試のように
単独で「英単語覚えるぞ!」という感じになりにくいのも
事実です。

ただ、
英語が苦手な人は
英単語を覚えると
「英語の景色」が大きく変化します。

苦手な人ほど
最初に英単語の暗記を進めると良いのではないかと思います。

英語は当然、
言語なので
学習をはじめて
得点向上につながるまで
少し時間がかかります。

一方で
英単語は即効で成果が現れます。

苦手克服や
成功体験を積むという点で
英単語暗記は
中学生にとっても有効です。

まあ、
学力向上という点でも。

学習方法

単語の暗記なので
どの単語帳を学習するにしても原則は同じです。

あわせて読みたい
システム英単語 レベルや使い方は?テスト作成可能!サンプルあるよ みなさん、こんにちは。 高校入試では英単語暗記の時間を作らなくても英語学習の中で必要な英単語を覚えていくことで高校入試に対応する英単語力をつけることができたり...

覚え方は
上の記事を参考にしてみて下さい。

塾では
テストプリントを作成できるので
毎日50問ずつ
出力訓練をしています。

レベルごとに。

最重要、基本、標準、高得点、超ハイレベル とレベル分けがされています。

全員「高得点レベル」までは完全修得できるように
ゴリゴリ覚えさせています。

学力到達レベル

英単語だけで
英語の学力がはかれるものではありません。

英文法や読解演習によって
英語の学力が上がっていきます。

英単語というのは
英文を読むための道具でしかありません。
その点を忘れずに
英単語暗記に
取り組む必要があります。

ただ、
たくさんの単語を知っていれば
やっぱり英文は読みやすくなります。

英単語暗記に割ける時間があるのならば
どんどん覚えると良いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!